アトリエオキ 福岡県 > 福岡市中央区薬院浄水通り > フレンチレストラン > アトリエ オキ
「アトリエ オキ」は、フレンチの枠にとらわれない"OKI流フレンチ"を楽しむお店です

アトリエオキ
english
home トピック レストラン ランチ ディナー シェフ 素材について お問合せ・ご予約
material

オマール海老 オマール海老
日本に最初にオマール海老を入れた、日東商事さんからカナダ産オマールを提供していただいています。

〜日東商事さんの青柳さまより〜
沖シェフとは10年ほどお付き合いさせて頂いていますが、それまでのオマールの調理法を根本から覆したシェフであると考えています。それはオマールを生あるいは半生の状態でお客様に提供する事です。フランスでもオマールをスペシャリテにしているシェフは多いですが、沖シェフのオマール料理はまさにフランス人もびっくり!だと思います。
沖シェフとオマール
魚 魚
魚は、できる限り九州のものを使うようにしています。九州は魚がとにかくうまい。その九州にお店があるのに、産地のものを使わないって損だと思う。
地産地消も大事。
ただ、魚によっては九州よりおいしいものもあるので、そういうものはその地域から獲れたものを使うようにしています。たとえば、オマールはカナダ産。オマールもいろんなところで獲れるけど、カナダ産のオマールは甘みがあって一番美味しい。日本に最初にオマール海老を入れた日東商事さんから、生きたオマールを提供してもらっています。

肉 肉


肉が一番怖いと思ってる。
だから、本当に安心できるところからしか仕入れない。
昭和35年博多で創業された樋口精肉店さんから、安心できる新鮮なお肉を届けてもらっている。 ここの店主とも、かれこれ7〜8年のお付き合い。
自分のほしい食材を分かってくれてるから、信頼してお願いできる。
美味しいお肉だから、お客様にも一番いい状態で提供すること。
…それを心がけて料理をしています。


野菜・ハーブ 野菜・ハーブ
大分県日田郡大山町・壱岐島の野菜やハーブをメインに使っています。
シェフ歴20年のなかで、一番美味しいと思った野菜・ハーブです。
大山町も壱岐島も、空気も水も土もきれい。
有機栽培・減農で育てられた野菜とハーブは、どれも味が濃い。
そんな野菜・ハーブを新鮮なままお客様に提供できるのも畑から直接仕入れているから。どちらの野菜・ハーブも、ほんとうは秘密にしておきたい場所。
それくらい、おいしいのです。

ビオワイン ビオワイン
アトリエ・オキでは、スペインやフランスの塩を使ってきました。
これからも使っていきたい塩なのですが、地元九州にも美味しい塩があります。それが、糸島の「まいたちの塩」。釜の上に浮かぶ塩の花は、いろんな条件が満たされてできるものだそうです。
できる量にも限りがある塩。
我々、料理人には出来ないことを現実に、形にして頂いていることに感謝です。生産者さんの苦労を無駄にはできないことを肝に銘じて。

ビオワイン ビオワイン
「アトリエ オキ」では、ビオワインも扱っています。
ビオワインは、無農薬有機農法のブドウで造ったワインのことで、醸造過程で酸化防止剤が使われていません(ビオロジックの場合は極微量使用することもある)。科学的に立証されていませんが、ビオワインは量を飲んでも、翌日頭が痛くならないといわれています。これはワイン通の間では定説となっています。
ビオワイン
ページの先頭へ
photo


アトリエオキ
ありがちなフレンチではなく、OKI流フレンチを。
福岡県>福岡市中央区薬院浄水通り>フレンチ
【アトリエ・オキ】
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院4-18-15ライオンズマンションマキシム浄水通り1F
TEL : 092-525-0009/E-mail: info@atelier-oki.com
<定休日:火曜日>
*ご予約・お問合せはすべてお電話で承ります。
*メールでのお問合せにはお応えできませんのでご了承下さい。


copyright(c)2007 Atlier OKI. All rights reserved


沖シェフのスペシャリティ「オマール海老」 沖シェフとオマール 大山町の野菜とハーブ 壱岐の島のアスパラ 佐賀県産 黒毛和牛(佐賀牛) 玄海灘の活魚